一寸先は闇の意味とは!類語や例文の使い方も紹介!二寸先はどうなるの?

一寸先は闇で悩む男

一寸先は闇(やみ)ということわざがあります。
一寸とは、約3㎝のことです。


3㎝先が闇(やみ)なんてありえないと思いますか。


でも、街灯がない時代、日が暮れれば、そこは真っ暗な闇(やみ)の世界だったんです。


日が昇れば起き、日が沈めば寝る。
そんな社会では、日が沈めば、そこは暗黒の時だったんです。


私も新聞配達をしていて、まだ夜が開けきれぬ時間の途中で懐中電灯の電池が切れたときは、まさに「一寸先は闇」の状態でした。


ということで今回は、「一寸先は闇」の意味。
そして、この言葉の類語と、この言葉を使った例文の使い方も紹介します。
さらに、一寸先は闇なら二寸先はどうなるんでしょうか。

スポンサーリンク

一寸先は闇の意味

一寸先は闇というのは、こういう意味になります。

一寸先は闇の意味

このことわざの意味は、「少し先のことでも、予測することは困難だ」と言う意味になります。


人は災難とは隣り合わせと昔からいいます。



今が絶好調でも、逆にどん底でも、先の未来は、どういう風になるか、まったく予測できない。
少し先の未来でも、予測するのは困難だということなんです。


でも、予測することが困難だからこその人生です。
なにもかも未来がわかっていたら、逆に怖くないですか。

スポンサーリンク

一寸先は闇の類語

では次に、このことわざの類語を見ていきましょう。

一寸先は闇の類語

  • 先が見えない
  • 見込みがたたない
  • 鬼が出るか蛇が出るか
  • 五里霧中
  • 混沌(こんとん)としている
  • 人間万事塞翁が馬
  • 吉凶はあざなえる縄の如し


この類語のどの言葉も、少し先がどうなるかわからない、という意味になります。



今が善くても悪くても、先はどうなるかわからないということなんです。


将来を確実に見通せるのは、神様ぐらいなものです。
いや、もしかしたら、神様でも見通せないかもしれません。
逆に考えれば、将来どうなるかわからないからこそ、人生、楽しいんです^^


だって、人生の先がどうなるか、あらかじめ決まっていたらどうですか。
楽しくもなんともありゃしません。

一寸先は闇の例文の使い方

では、せっかくですから、この「一寸先は闇」を使った例文を見てみましょう。


一寸先は闇ということわざの使い方は、この先どうなるのかわからないという場面で使います。
なので、例文は、この使い方を考えてみていきましょう。

一寸先は闇の例文の使い方

  • 一寸先は闇なんだから、先のことを心配してもどうしようもない。
  • 努力をしても一寸先は闇だけど、努力しないと成功することはない。
  • 就職活動に失敗したけれど、この世は一寸先は闇なんだから、どうなるかわからないよ。
  • 失敗は誰にでもあるよ。一寸先は闇なんだから、その失敗は誰のせいでもないよ
  • 今は成功して有頂天になっているけど一寸先は闇なんだから、注意しないといけないよ。



人生、先はどうなるのか。
物事には裏表が必ずありますから、自分が裏目に出たと思っても、他の人から見ると表かもしれません。


くよくよしても笑っても、同じ時間をすごすなら、笑って過ごしてみませんか。

一寸先は闇なら二寸先はどうなるの

一寸先が闇ならば、もう3㎝先の二寸先だって闇のはずです。


でもさっき言ったように、この世の物事にはすべて裏表があります。


裏が悪くて表が良いなんて誰がきめたんですか。


ということで、この世は一寸先は闇だ!となにもかも悪い方向に考えているあなた!


そんな人生を楽しんでないあなたには、宇多田ヒカルさんの「人生は最高の日」という曲をぜひ、聴いていただきたい!


この曲の歌詞には、『一寸先は闇なら二寸先は明るい未来』という歌詞があります。


暗いトンネルだって出口は必ずあります。


漆黒の闇の夜だって必ず夜明けはくるんです。
あなたが、そんなことはないと言っても、必ず来るんです。


一寸先は闇だから二寸先も闇だって、誰が決めたんですか。


自分で夜を明けてやるくらいのガッツを持っていきましょうよ^^


一回、独立した私にも、もう人生終わったということは何回もありました。
でも今、私はこのブログで文章を書いています。


私がどんなどん底を味わったのか、もし知りたいと思ったら、このブログのお問い合わせからどうぞ^^

まとめ

一寸先は闇ということわざの意味は、「少し先のことでも、予測することは困難だ」という意味になります。


人生の先は予測することはできないから、苦しいと考えるか楽しいと考えるかは、あなたの考え方しだいです。


泣いても一生、笑っても一生です。
どうせなら笑っていきましょう。


サラリーマンから独立してどん底も味わった私でも、今、楽しくこのブログの記事を書いているんです。
あなたにできないことは何もありません。


自分の限界を決めているのは誰でもなく、あなたなんです。


一寸先は闇ならば、その先の二寸先はどうなるのか誰にもわかりませんよ^^

スポンサーリンク