一目置くの意味とは!語源や使い方は?

一目置くライバルの像

ライバルから「君には一目置いてるよ。」
なんていわれたら、どう思いますか。


この「一目置く」と言う言葉は、どんな意味の言葉なんでしょうか。


ほめ言葉なんでしょうか、それともけなされているんでしょうか。


他の人から「一目置いてるよ」と言われ、喜んでいいのかどうなのか。


ということで今回は、この「一目置く」の意味。
そして、この言葉の語源や、使い方をみていきましょう。

スポンサーリンク

一目置くの読み方と意味

それではまず、この言葉の読み方をみていきましょう。
相手があなたに「君には一目置いてるよ。」とメールがきても、読めないとどうしようもありません。

読み方

「一目置く」は「いちもくおく」と読みます。


なぜ、一目を、「いちもく」と読むのか。
それは、この言葉の語源のところで紹介しています。
なので、もう少し読んでくださいね。

意味

一目置くの意味

相手が自分より優れていることを認め敬意を払うこと


ということは、相手からこの言葉を言われたとしたら、ものすごく、喜んでいいことになりますね!

だって、相手があなたに敬意を払っているんですから!

スポンサーリンク

語源

それではつぎに、「一目置く」の語源をみていきましょう。
言葉の語源を知ることで、その言葉の歴史を知ることができます。

一目置くの語源

この言葉は、囲碁の作法が語源となっています。


一目置くの一目とは、囲碁の碁盤上の1つの目、もしくは碁石を1つ置くことを言います。


囲碁では、仲間同士などで対局するときには、黒石を弱い人。
そして、白石を強い人が打ちます。


なので、まずは黒石を持つ弱い人が、先に一目黒石を置いて対局をスタートします。
この囲碁の慣習から生まれた言葉なんです。


ちなみに、もっと相手が優れていることを表現したいなら、どう言えばいいのでしょうか。



相手のことを、ものすごく優れていると伝えたいのですから、こう言いましょう。
「あなたのことは、一目も二目も置いています。」


一目じゃなくて二目置かせてもらわないと、あなたには、とうてい勝てません。
ということを、強調して相手に伝えることができます。

類語

一目置くとは、相手に敬意を払うことです。
なので、この言葉の類語もそういう意味を持つ言葉になります。

類語

  • 兄事する
  • 称賛する
  • 尊敬する
  • 畏敬の念
  • 傾倒する
  • 敬服する


日本では昔から、相手を敬う風習があります。



たとえ、勝負などで相手に負けても、相手の強さを称賛する心を持っています。
また、日本の武道は「礼に始まり礼に終わる」というように、勝負の結果よりもさることながら、相手のことを尊重するという心があります。


いや~、相手に敬意を払う日本の心って、いいものですね^^

一目置くの使い方と例文

ここまで、一目置くの読み方と意味。
そして、語源と類語をみてきました。


しかし、これらのことを知っても、実際に使い方をしらないと、言葉の意味がありません。
ということで、この言葉の使い方と例文をみていくことにしましょう。

使い方

この言葉の使い方は、相手に敬意を払う。
または、まわりから敬意を払われていることを表現する使い方をします。

一目置くの使い方

「一目置く」

「一目置いている」

「一目置かれている」


こういった使い方は、相手を尊敬している、相手のパワーに圧倒される。

こんな時に使うようにしましょう。


それでは、このような使い方をした、例文を紹介します。

例文

一目置くを使った例文

  • 彼女のダンステクニックは世界基準で、ダンスにかんしては一目置く存在だ。
  • 彼女は、営業活動で、お客様とすぐに打ち解ける技術はすばらしく、その点では、彼女に一目置いている。
  • 彼は、スポーツはからっきしダメだが、みんなをまとめる統率力は抜群で、クラスのみんなから一目置かれている。


この例文は、相手の価値を、負け惜しみをせずに認めること。

そのような例文になっています。

まとめ

一目置くの読み方と意味。
そして、語源、類語、使い方と例文をみてきました。


一目置くは「いちもくおく」と読みます。
そして、一目置くの意味は、「相手が自分より優れていることを認め敬意を払うこと」ということです。


この言葉の語源は、囲碁の弱い人が先に碁石を一目置くことからきています。


なので、「一目ぐらいじゃ勝てないよ、もう一目置かせてよ。」
と言うときの「一目も二目も置く」と言う言葉は、一目置くをさらに強調した言葉として使ってください。


さあ、あなたにとって、一目置く人は誰ですか。
その人を目標に、今日もがんばっていきましょう!

スポンサーリンク