憲法とは何かを子供向けにわかりやすく簡単に説明しました

スポンサーリンク




小学5年生の息子が、同じスイミングスクールに通っている、小学6年生の友達からこう言われたそうです。
「K君、憲法って知っとうや、ぼくは知っとうぜ。」


帰ってきた息子は、私に聞いてきました。
「お父さん、憲法ってなに?」


私は息子に「え~!憲法は6年生の社会科で習うから、まだ知らんでもいいんじゃないの。」
しかし、息子は、「教えて!」とくいさがってきました。


憲法を子供に説明している

こりゃまた、難しいことを、聞いてきたなと思いましたね。
しかし、お父さんとしては、後にはひけません。


そこで今回は「憲法とはなにか」と、あなたより年下の子供に聞かれたとき。
そんなときに、子供向けにわかりやすく簡単に説明するには、どんな説明をすればいいのかをみていきましょう。

スポンサーリンク

憲法とはどんなものかをわかりやすく説明

小学校6年生になると、社会科の授業で「憲法」について、先生が教えてくれます。
正確には、日本の憲法なので「日本国憲法」といいます。


たとえばあなたが、お母さんやお父さんに、おこられるようないたずらをしたとき。
「そんなことをしてたら、お巡りさんに、捕まえてもらうけんね!」
なんて、言われたことはありませんか。


お巡りさん、つまり警察官に捕まるということは、法律に違反しているということです。


たとえば、車で時速50キロをこえて走ってはいけない道を、時速80キロで走っていて
警察にみつかったら、どうなりますか。



そうです!スピード違反で捕まっちゃいますよね。
これは、道路交通法という法律に違反しているから捕まったんです。


日本にはこのほかにも、いろんな法律があります。
そして、この法律をつくるのは、国会議員の仕事なんです。


でも、国会議員の人たちが、自分たちの好きなように法律をつくることはできません。
法律の上に、法律より強いものがあるんです。


この法律の上にあって、法律より強いものが「憲法」なんです。
つまり、憲法とはどんなものかといえば、日本で最強の法律のことなんです。

ではつぎに、もっとわかりやすいように、図で説明しましょう。

スポンサーリンク

憲法とは何か簡単に説明

まずは、この図を見てください。

法律の三角形

これは、私が書いた、いろんな法律の強さを三角形にしたものです。
上にいくほど、力が強くなります。


三角形の一番上にある「憲法」は、法律の世界チャンピオンみたいなものです。

憲法より強い法律は、日本にはありません。
それでは、法律のチャンピオンである「憲法」とは何かを説明しますね。


図の憲法以外の法律は、あなたをふくめた日本国民に「こんなことをしては、いけません!」
と決めているルールです。


そして、図の一番上にある憲法は、「国や国を動かしている権力者が、自分たちにつごうがいいような法律をつくって、国民が困るようなことをしてはいけません!」
と決めているルールのことなんです。

法律は、国が国民に守ってもらうべきルールを決めたものです。

憲法は、国民が国に守ってもらうべきルールを決めたものです。



法律と憲法とでは、「守りなさい!」と言っているほうと「守ります」と約束しているほうが逆になるんです。

法律は「守りなさい!」と言っているのは、国民に対してです。

憲法は「守りなさい!」と言っているのは、国に対してなんです。



なぜなら、日本はあなたをふくめた国民が主人公だと決まっています。
主人公は、ヒーローのように強いんです。

このことをちょっと難しく言うと「国民主権」といいます。


なので「憲法とは何か」と、あなたが友達や、年下の子供に聞かれたら、こう答えてあげてください。
『憲法とは、国民が国に、「すきかってなことをしてはいけません」ということを守らせるためのものなんだ。』
こんなふうに、答えてあげてくださいね。


それでは、「憲法とは何か」についての、簡単なわかりやすい説明はここまでです。
おつかれさまでした。


これから先は、日本では、国民が主人公なんだよ!という「国民主権」。
このことが、憲法を改正(憲法の中身を変えること)するときにわかるんだよ、ということを説明します。


なので、「それも知りたい!」と思ったら、この先も読んでくださいね。
憲法は、国民が国に守ってもらうべきルールを決めたもの。
そして、「守りなさい!」と言っているのは、国民だということが、もっとわかりやすくなりますよ。

憲法改正の手続きをわかりやすく説明

いままで言ってきたように、憲法は日本で最強の法律です。
他のどんな法律も、憲法には勝てません。

憲法がダメ!っていったらダメなんです。


では、憲法は永遠の過去から悠久の未来まで
まったくもって変わらないものなのでしょうか。

そうではないですよね。


一番最初に作られた時があり、
問題があったら変えていく必要があります。


しかし、先にも述べたように、
憲法は法律よりも強いものです。

なので、そうそう簡単には変えられません。


では、この憲法の内容を修正したり変えたりするには、
どのような手続きが必要なのでしょうか。


ここでは、法律よりもえらい憲法を変えるための手順、
つまり、「憲法改正の手続き」について簡単に説明します。


いろいろはしょって大事なところを図解にしました
憲法改正の手続き

この図を見てください。

まず、国会議員の3分の2以上の憲法改正案(憲法を、こんなふうに変えるということ)についての賛成が必要になります。
国会議員は、国民の代表です。


そして、つぎに、国民に憲法改正案を提案します。
国民投票をおこない、半分より多い(過半数といいます)賛成が必要になります。


国民投票で過半数の賛成で、天皇が、国民の名で憲法を変えることとを発表します。

さいごに、憲法を変えることを決めるのも、国民です。
憲法を変えることを、発表するのも、国民の名で発表します。



国民が国の主人公である=「国民主権」ということが、これでよくわかりましたか。

日本の主人公は、国民なんですよ。

まとめ

憲法も載っている六法全書

日本国憲法とは、『国民が国に、「すきかってなことをしてはいけません」ということを守らせるためにもの。』なんです。
いくら、国の権力者でも、国民にだまって、すきかってなことはできません。

だって、主人公は、あなたをふくめた国民なんですから。
だからこそ、あなたにすこしでも、憲法にきょうみを持ってもらいたいんです。

小学5年生の息子が、6年生に「憲法って、知っとうや。」と聞かれて、私は息子に説明しました。
「息子よ、お前はこの国の、主人公になるんだよ。」って。

この文章を最後まで読んでもらえて、うれしいです。
つぎは、あなたが、あなたよりちいさな子供たちに「憲法」を説明してあげてください。

だって、あなたは日本の主人公になる、ひとりなんですから。

スポンサーリンク

おすすめ記事