バナナの栄養の効果は筋トレにも子供にもおすすめ!

スポンサーリンク




朝起きるのが苦手な人が多い昨今。
ご主人もお子さんも、ぎりぎりまで寝ていて、なかなか朝食をきちんと食べてくれない。


このままでは、ご主人や子供さんの体が心配。
そして、お腹が減った状態で、子供さんは午前中、きちんと学校の授業を受けているのか。


そんな心配が絶えない、あなたに、おすすめするのが、バナナです!


バナナをすすめる男

ということで今回は、バナナは栄養満点といわれているけど、その栄養効果について。
さらに、筋トレと、子供さんにもおすすめの理由をみていくことにしましょう。

スポンサーリンク

バナナとは

まずは、バナナとはどんな果物なのかをみていきましょう。


バナナというのは、熱帯アジア原産のバショウ科の多年草
ちなみに、多年草とは、2年以上、生存するものをいいます。


実は細長く、房状になり、熟すと皮が黄色になります。


日本では、熟す前のバナナを輸入し、室(むろ)で成熟させ、食用にしています。

バナナの栄養素の効果

バナナは栄養満点な果物です。
その栄養素こ効果は、筋トレにも、そして子供さんの栄養補給にも、おすすめします。

バナナの栄養素の筋トレ効果

バーベル

筋肉トレーニング、略して筋トレですが、この筋トレにもバナナの栄養は効果を発揮してくれます。

糖類

筋トレをするときに、糖質はエネルギー源として、なくてはならないものです。
こんなときに、バナナがいいんです!


バナナの栄養素で3種類の糖。


消化しやすい、ブドウ糖、果糖。
そして、その2つよりも、消化されにくいショ糖。


ブドウ糖、ショ糖、果糖の3つの糖が、時間差で効果を出し、すばらしいスタミナ源となるんです。

カリウム

バナナのカリウムは、筋肉の収縮をサポートするのに、必要なミネラルなんです。
筋トレには、なくてはならないミネラルなんです。

ビタミンB1

ビタミンB1は、筋トレでの疲労回復の効果を発します。

ビタミンB6

ビタミンB6はタンパク質の代謝を助け、筋肉に使いやすい形にすることを助けてくれます。

ビタミンB3

ビタミンB3は、糖質の代謝を助け、糖質をエネルギー源として使いやすくする、働きを助けてくれます。


このように、筋トレに効果があるバナナを、筋トレ前後に食べることをおすすめします。

スポンサーリンク

バナナの栄養効果は子供にもおすすめ

バナナは筋トレにもおすすめです。
それと「うちの子供は、ぎりぎりまで寝ていて、朝ご飯を食べずに学校に行くから、心配。」
というお母さん!


そんな子供さんには、手軽に食べれるバナナがおすすめです!
バナナ

バナナの糖質の効果はスタミナ源!

バナナには、代表的な糖として、ブドウ糖、ショ糖、果糖の3つの糖がふくまれています。


この多種多様な糖が、とっても効率の良いスタミナ源になってくれるんです。


というのも、この3つの糖は、それぞれ体に吸収される時間に違いがあり、時間差攻撃でスタミナ源として働いてくれるんです。


消化しやすい、ブドウ糖、果糖。
そして、その2つよりも、消化されにくいショ糖。


この3種類の糖が、時間差で効果を出し、バナナは即効性も持久性ももちあわせた、すばらしいスタミナ源となる果物なんです。
なので、朝食を食べる時間が無い、子供さんにも、手軽にすぐに食べれる、バナナがおすすめなんです。

バナナのカリウムは夏バテに効果が期待できる

夏バテで多い症状に、体がだるくて、食欲がないといったことがあります。


この症状は、汗といっしょに、ミネラル分が体外に出てしまい、ミネラル不足が夏バテの大きな原因のひとつなんです。


とくに、カリウムが不足すると、脱力感を感じたり、食欲不振になりやすいんです。
また、精神的にも不安定になり、イライラしたりするようになります。


そして、筋肉の収縮にも関係してるカリウムが不足すると、筋肉の低下にもつながっていきます。


そこで登場するのが、バナナです!
バナナには、カルシウム、カリウム、鉄、亜鉛などのミネラルが豊富で、特にカリウムは、100g当たりに、390mgもふくまれています。


100gのバナナを1本食べれば、1日のカリウムの目標摂取量を、ほぼ満たしてくれます。


夏バテでなくても、子供さんの部活やご主人がスポーツをしているなら、ミネラル補給に、バナナはおすすめです!

バナナのセルトニンは、イライラする子供にも効果的

子供で、意味もなくイライラする子供が増えてきました。


そんな子供さんにも、バナナはおすすめです。


いらいらしやすいのは、セルトニンが不足しているのも、ひとつの原因です。


バナナ1本には、約7ミリグラムのセルトニンが含まれています。
これは、興奮した脳をリラックスさせる効果が期待できます。


そして、バナナに含まれる、トリプトファンとビタミンB6は協力して、脳の中で、新しいセルトニンを生成してくれます。
なので、バナナを食べることで、脳のセルトニンの量が増え、イライラ解消に効果が期待できるのです。

バナナは、ダイエットを気にする子供にも効果的

子供さんも年頃になると、体重にも気を使い始めます。
いわゆる、ダイエットにも興味を持ち始めます。


そんな年頃のお子さんにも、バナナはおすすめです。


バナナは1本、100g当たり、86kcalしかありません。
これは、おにぎりの約半分のカロリーなんです。


そして、バナナの食物繊維が、便通を改善する役目をはたしてくれます。


さらに、バナナは、甘い果物ですから、1本食べるだけでも、食べたという満足感が得やすいんです。


バナナは、便通をよくする食物繊維、多種のビタミンとミネラルをふくんでいる、栄養価の高い果物です。
なので、ダイエットを気にする子供さんにもおすすめなんです。

まとめ

バナナは、栄養価も高く手軽に食べれるので、朝食を食べる時間の無い人におすすめです。


バナナの栄養素の効果は、筋トレのみならず、成長期の子供さんにもおすすめです。


バナナの3種類の糖類は、時間差で体に吸収され、エネルギー源として最適です。


さらに、バナナのミネラルやビタミンが、運動にも、夏バテにも、精神的安定にも効果が期待できるんです。


1950年代には、高級フルーツだったバナナも、今は手軽に食べることができます。
もっと、バナナを見直しませんか。

スポンサーリンク

おすすめ記事