俯瞰の意味とその使い方!俯瞰的に見るとはどんな見かたなの?

スポンサーリンク




私は30年以上営業マンをしていますが、大切な商談の前には自分のプレゼンのリハーサルを動画で撮っています。


なぜそんなことをするかというと自分のプレゼンを俯瞰的に見るためです。


社会人になればどんな職業でも自分を俯瞰的に見ることが必要になってきます。


俯瞰して見るナスカの地上絵

今回はベテラン営業マンの私が社会に出たら必ず必要になる俯瞰意味とその使い方


そして私も実践している「俯瞰的に見る」とはどんな見方なのかを紹介します。


「俯瞰」の意味は社会人としてスッテップアップするのに絶対に知っておいたほうがいい言葉です。


そして「俯瞰的に見る」ことを実践できるかできないかで、あなたの社会人としての成長度合がまったく違ってくるんです。


このことは営業一筋30年以上の私が保証します。


この記事を最後まで読んでいただき、あなたも社会人としてステップアップしませんか?

スポンサーリンク

俯瞰の意味

私は営業マンが長いので普通に「俯瞰」という言葉を使います。


でももしあなたがこの「俯瞰」という言葉の文字をふだんなかなか見ないとしたら、まずはこう思うかもしれません。


「俯瞰ってこの漢字の言葉、なんて読むんだろう。」と。


あなたがパソコンや辞書で「俯瞰」の意味を調べようと思っても読めないと調べずらいですよね。


「俯瞰」は「ふかん」と読みます。
「ふかん」ってふだんの生活ではなかなか使うことがありません。


こんなふだん使うことのない言葉の意味を調べるコツがあるんです。
それはその言葉の漢字ひとつひとつの意味を調べてみることです。


漢字は一文字一文字意味を持っていますから、まずは「俯瞰」の「俯」と「瞰」の漢字の意味をみていくことにしましょう。

俯瞰の俯の漢字の意味

俯瞰の「俯」という漢字はどんな意味を持っているんでしょうか。


「俯」という漢字は音読みで「フ」と読み、訓読みで「うつむく」と読みます。


なので「俯」という漢字の意味はこういう意味になるんです。

「俯」の意味

  • からだを前に折り曲げて低い姿勢、つまりかがんだ状態になって下を向く
  • うつむく姿勢


まずは「俯瞰」の「俯」の意味がわかりました。

俯瞰の瞰の漢字の意味

それではつぎに俯瞰の「瞰」という漢字の意味をみてみましょう。


「瞰」という漢字は音読みで「カン」と読みます。
また訓読みでは「のぞ(む)」「みお(ろす)」「み(る)」と読みます。


なので「瞰」という漢字の意味はこういう意味になるんです。

「瞰」の意味

  • 見下ろす
  • ながめる

俯瞰図



この「瞰」と「瞰」の漢字を使った言葉に「俯瞰図」という言葉があります。


この「俯瞰図」またの言い方を「鳥瞰図」と言います。


鳥は高い空から地上を見下ろしています。
ですので、「俯瞰図」=「鳥瞰図」とは「高い場所から広く範囲を見下ろして描いた図」のことなんです。


この「俯瞰図」=「鳥瞰図」という言葉の意味を知ることで「瞰」という漢字の意味がよりイメージしやすくなります。

俯瞰の意味

「俯瞰」という言葉を漢字ひとつひとつ見てきました。


それでは「俯」+「瞰」=「俯瞰(ふかん)」の意味をみてみましょう。

「俯」の意味

  • からだを前に折り曲げて低い姿勢、つまりかがんだ状態になって下を向く
  • うつむく姿勢


「瞰」の意味

  • 見下ろす(みおろろす)
  • ながめる


この「俯」と「瞰」を合わせた「俯瞰」に意味はこうなります。


「俯瞰」の意味

  • 高いところから体をかがめるようにして見下ろす
  • 高いところから全体を見渡す


有名なペルーにあるナスカの地上絵は地面から見ても何を書いているのかわかりません。



しかし俯瞰すなわち、「高いところから全体を見渡す」ことでサルやハチドリ、爬虫類の絵が描かれていることがわかります。


低い場所から見る狭い視野ではわからないことでも、高いところから全体を見渡すことでいろんなことが見えて分かってくるということが「俯瞰」の意味を表現しています。


ナスカの地上絵に限らず社会生活でも「俯瞰」することで見えてくることが、たくさんあるんです。

スポンサーリンク

俯瞰の使い方を例文で紹介

「俯瞰」の意味がわかったところで実際にこの言葉を使ってみましょう。


どんなに言葉の意味を知っていても実際の会話や文章で使えないと、社会人としてその言葉を知っていることにはなりません。

「俯瞰」を使った例文

  • 自分の書いた企画書を見直す時には俯瞰の心がけで見直さないと意味がないよ。
  • あなたがどれだけ無謀なことをしようとしているのかは、頭を冷やし俯瞰の見方でそのことを見なくてはいけない。
  • 俯瞰するときには自分がやったことは忘れて、他の人がやったこととして見なくてはいけない。
  • サッカーの試合でなぜ負けたのかを知りたかったら、俯瞰している動画を見直すのが一番早道だ。
  • どうしても営業先で売れないときには、あなたの営業トークを俯瞰して全体のトークの流れをみてみよう。


俯瞰という言葉は日常の会話で使うことは少ないかもしれません。

だからこそあなたは他の人と差別化するためにも、「俯瞰」という言葉を自然に使えるようにしましょう。


社会人として相手の言った言葉を理解できないときは後で調べるものです。


あなたが使った「俯瞰」という言葉の意味を調べた相手は、あなたのイメージを物知りの良いイメージとして意識づけてくれることでしょう。

「俯瞰的に見る」の使い方は正しいの?

「俯瞰」の意味でみてきたように「俯瞰」という言葉には「見る」という意味がふくまれています。


ですので例えば「頭痛が痛い」「馬から落馬した」「踊りを踊る」のように同じ意味の言葉が重なっている二重表現なんです。


そういう意味からみると「俯瞰的に見る」は「見る」という意味の言葉が重なっているので間違っていると言えます。


しかし、「踊りを踊る」「歌を歌う」などの二重表現は日常生活でふつうに使っている言葉です。


ですからここは二重表現という言葉の使い方の変化としてとらえたほうがいいのではないでしょうか。

俯瞰的に見るとはどんな見方なのか

いままで「俯瞰」という言葉の「俯」と「瞰」の漢字の意味から「俯瞰」の意味をみてきました。


そしてあなたが実際に会話や文章で「俯瞰」という言葉を使えるように例文も紹介してきました。


ところで営業マン、社会人として「俯瞰」とはもともと意味から転じ「客観的に物事を見て判断すること」という意味で使うことが多いんです。


そのことから「俯瞰」というそのままの言葉より「俯瞰的」または「俯瞰的に見る」という言葉で使うことのほうが多いんです。


それでは社会人として使われている「俯瞰的に見る」とはどんな見方のことを表しているのでしょうか。


ところで「俯瞰的に見る」と言う言葉。


使い方がちょっと間違っているんですが、まずはそのことを解決しましょう。

「俯瞰的に見る」とは

それでは「俯瞰的に見る」とはどんな見方のことを言っているんでしょうか。

俯瞰的に見るとは

物事を高いところから見るように広い視野で、自分のことでも他の人のことのように客観的に見る


どうしても人は自分のことを自分の目でみてしまうと、甘めにみてしまいます。



他の人がやったことなら自分の責任ではないので、ちょっとした間違いでも厳しくチェックします。


ところが自分で自分を見てしまうと、そのちょとした間違いを見逃してしまうんです。


なので自分で自分のやったことを見直すときには、他人の目で広い視野をもって客観的に感情をいれることなく見直すことが不可欠となります。


責任ある社会人として「俯瞰的に見る」ことを知らずしてスッテップアップすることはできません。

俯瞰的に見る方法

社会人として自分の行動などを俯瞰的に見ることは必要なことです。


それではどうしたら自分ではなく、他人の目で広い視野をもって客観的に感情をいれることなく見直すことができるのでしょうか。


それは、「時間を置く」ことです。
自分がやったことを、すぐに見直すとどうしても客観的にみることが難しんです。


なのでしばらく時間を置いてから見直すんです。
すると簡単に他人の目で客観的に見直すことができます。


なぜなら人は忘れる生きものだからです。
自分のことでも時間を置いて見直す時には、そのときの自分のことを忘れがちになっています。


ただ時間を置いて見直すという事は正直めんどうなことです。
しかしめんどうなことはみんなやりたがりません。


だからこそめんどうなことをやることで、あなたは社会人としてステップアップできるんです。

スポンサーリンク

まとめ

「俯瞰」というちょっと難しい漢字は「ふかん」と読みます。


そして「俯瞰」の意味はこうなります。

「俯瞰」の意味

  • 高いところから体をかがめるようにして見下ろす
  • 高いところから全体を見渡す


社会人としては「俯瞰的に見る」ことができるようになると、大きくステップアップすることができます。

スッテップアップする階段


「俯瞰的に見る」とは「見る」という意味が重なっている二重表現なんですが「歌を歌う」のように違和感なく使っている言葉です。


そして「俯瞰的に見る」とは物事を高いところから見るように広い視野で、自分のことでも他の人のことのように客観的に見ることを意味します。


「俯瞰的に見る」ことができる簡単な方法は、自分のやったことを時間を置いて見直す方法が一番簡単で確実です。


あなたが社会人としてステップアップしていくには、この「俯瞰的に見る」ということができるようになる必要があります。


自分がやったことを時間を置いて見直すことは、誰でもめんどうなことです。
しかし、めんどうなことこそチャンスなんです。


だってめんどうですから、みんなやりたがりませんから。


あなたは「俯瞰的に見る」ことを実践し、社会人としてどんどんスッテップアップしていきましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事