ピーマンを英語でいうと?その意味は?もともとは何語なの?

スポンサーリンク




緑黄色野菜の代表各のピーマン。
子供のころは、あの苦みを、味わうなんてとんでもなかった、ピーマン。
カタカナで書きますから外来語だろうなというのは、想像がつきます。


「外来語というと英語かな。」なんて思ってしまいがちですが、読んだ通り”peaman”と言っても、英語圏の人には全く通じません。

つまり、ピーマンは語源は英語ではないのです。
ちょっと、びっくりですよね。


ピーマン

では、英語でピーマンはなんというのでしょうか。

今回は、ピーマンを英語でなんと表現したらよいかと、
ピーマンの語源と由来について紹介します。

スポンサーリンク

ピーマンは英語でなんというのか

ピーマンは、英語でいうと、こう言います。

ピーマンを英語で言うと

  • green pepper(グリーンペッパー)
  • bell pepper (ベルペッパー)
  • sweet pepper(スウィートペッパー)


さすがに、英語っぽい・・・というか英語なんでした・・・。

さて、このまんまだと、英単語をおぼえる受験生みたいで、味気ないですね。


それでは、つぎに、この英単語の意味をみていきましょう。

英語の意味

それでは、それぞれの英単語の意味をみていきましょう。

英単語の意味

  • green pepper(グリーンペッパー)は「緑の唐辛子(トウガラシ)という意味
  • bell pepper (ベルペッパー)は「鈴の形をした唐辛子(トウガラシ)という意味
  • sweet pepper(スウィートペッパー)は「甘い唐辛子(トウガラシ)という意味


英語でピーマンをあらわすと、唐辛子(トウガラシ)なんですね。

英語であらわしたほうが、ピーマンの特徴がよくでています。


あなたは、どの英語での呼び名が好きですか。
私は・・・「bell pepper(ベルペッパー)」が一番ピンときます。

チリンチリンと鳴る、鈴の形をした唐辛子が一番のお気に入りです。
これから、八百屋さんに行ったら、「この、bell pepper(ベルペッパー)ください。」なんて言ったりして。

英語でいうとなぜ唐辛子?

たんに、唐辛子を英語でいうと「red pepper」と言い、とっても辛い唐辛子は「hot pepper」と言います。


ピーマンを英語であらわすと、なぜ「pepper」がつくのでしょうか。

ちょっとだけ、話が脱線しますが、この理由をしっていたほうが、ピーマンのことがもっとわかりますから、ご勘弁を。


じつは、ピーマンは植物の分類では、ナス科-ナス目-トウガラシ属に分類されるんです。
れっきとした、唐辛子の仲間なんです。


そして、辛みをなくすように品種改良されたのが、ピーマンなんです。
なので、英語にすると「pepper」がつくんです。


いや~、目から鱗が落ちるとは、このことですね。

オーストラリアではなんというのか

英語が母国語の国、オーストラリア。
でも、オーストラリアでは、ピーマンのことを「green pepper(グリーンペッパー)」とは言いません。
おなじ英語圏なのに、世界は広いもんです。


それというのも、私たちが普通英語というのは、アメリカ英語ですよね。
ところが、オーストラリアはイギリス英語なんです。


それでは、発表します!
オーストラリアでピーマンは「capsicum(キャプシカム)」といいます。


「capsicum(キャプシカム)」は日本語で、唐辛子という意味です。
あれ?ピーマンじゃない!なぜなんだ・・・・・。


ご安心ください。
じつは、オーストラリアでは、唐辛子の一種とされているものは、みんな「capsicum(キャプシカム)」というんです。
「ところ変われば品変わる」みたいなものなんです。

スポンサーリンク

ピーマンの語源と由来

ピーマンは英語ではないことは、はっきりとしました。
それでは、いったい何語なんでしょうか。


じつは、日本には、いろんな国からいろんな言葉のものが入ってきています。
そして、その言葉を日本語でいいやすいように変え、他国語のような日本語のような言葉に変えていくのが、日本人は得意なんです。


ピーマンもそうなんです!


ピーマンは、唐辛子を意味するフランス語の「piment(ピマン)」が語源なんです。
唐辛子は、江戸時代に入ってきました。


ただ、辛くない甘味のある唐辛子、つまりピーマンは、明治時代になって日本に入ってきました。
しかし、ずっと以前に入って来ていた「piment(ピマン)」と言う言葉を使い、ピーマンと呼ぶようになったんです。


たしかに、日本人的には「その、ピマンちょうだい。」より、「そのピーマンちょうだい。」のほうがしっくりときませんか。
私は・・・やっぱり、ピーマンのほうが呼びやすいです。

まとめ

たくさんのピーマン

ピーマンって明治時代に日本に入ってきた、野菜だったんです。

その語源が、フランス語にあったとは、驚きです。
おそるべし、ピーマン。


ビタミンやミネラルが豊富なピーマンをもりもり食べて、元気になりましょう。


では、「Je voudrais vous revoir!」

えっ?これってなにって思いました?


ピーマンってフランス語が語源だったじゃないですか。
それで、フランス語で、あなたに「またお会いしましょう。」ってごあいさつしたんです。

では、あらためて「Je voudrais vous revoir!」

スポンサーリンク

おすすめ記事