そうめんとひやむぎは太さが違う!?由来とうどんとの違いも紹介

スポンサーリンク




暑い季節になってくると、食べたくなるのが、よく冷えたそうめんです。


私は、そうめんが大好きで、一年中そうめんでもいいくらいです。
このまえ、そうめんを食べていて、ふと思ったことがあります。


そうめんを食べる子供たち

「そういえば、子供のころ食べていた、ひやむぎとそうめんって何が違うんだろう。」

今回は、そうめんとひやむぎの違い。
そして、由来やうどんとの関係も紹介しています。

ところで、私は長崎県の島原市に親戚がいて、夏になると、島原そうめんを送ってくれるんです。
のどごしがよくて、とっても美味しいんですよ。

くせになる美味しさです。
機会があったら、ぜひ食べてみてくださいね。

スポンサーリンク

そうめんとは

まずは、そうめんを紹介しますね。

そうめんは、製法によって、2種類にわけることができます。
それは、「手延べそうめん」と「機械そうめん」の2種類なんです。

そうめんとは、小麦粉に水と塩をまぜ、それをよく練ります。
ここまでは、「手延べそうめん」も「機械そうめん」も同じです。

手延べそうめんは、このよく練った生地に植物油をぬり、よりをかけながら引きのばします。
そして、それを乾燥させたものです。

機械そうめんは、生地を製麺機を使って、薄くのばして、細かく切り、それを乾燥させたものです。

私はそうめんが大好きなので、手延べそうめんも、機械そうめんも食べたことがあります。
そして、あくまで個人の感想ですが、手延べそうめんの方が、のどごしがよくて、美味しく感じました。

もちろん、この2種類のそうめんは、価格も違います。
手延べそうめんのほうが、価格は高めです。

手間ひまかかかってますからね。

スポンサーリンク

ひやむぎとは

「ひやむぎとそうめんは同じ製法なんです。」
と言ってもいいんですが、もともとは違うんですよ。

なんと、もともとは、ひやむぎはうどんの仲間なんです。

小麦粉に水と塩をまぜ、よく練った生地を折りたたんで、切ったものを、うどんと言います。
しかし、江戸時代には、これを「切り麦」と呼んでいたんです。

そして、この切り麦を冷やして食べるものを、「ひやむぎ」と呼んでいたんです。
でも、今のひやむぎは、そうめんと同じ製法ですから「手延べひやむぎ」もあれば「機械ひやむぎ」もあります。

あれ?そうなると、そうめんとひやむぎは、同じもの?
じゃあなんで、名前が違うのかな。

もしかして、あなたは今、そう思いましたか。

では、次にそのことについて紹介しますね。

そうめんとひやむぎの違いは太さにあり!?

そうめんとひやむぎはどう区別するのか。
それは、麺の太さの違いで区別するんです。

JAS規格(日本農林規格)というもので区別されているんです。

その規格によれば、まず機械での製造と手延べによる製造にわけられます。

機械での製造ではこうなります。

そうめんは、太さが1.3mm未満であること。

ひやむぎは、太さが1.3mm以上で1.7mm未満であること。

たしかに、ひやむぎはそうめんより太いですよね。

しかし、手延べによる製造になると、ちょっと違ってきます。

手延べ製造では、なんと!
太さが、1.7mm未満なら「そうめん」と言っても「ひやむぎ」と言ってもどちらでもO.Kなんです。

もちろん、手延べでないとダメですよ。

それでは、太さが、1.7mm以上ならなんというのか。

それは、「うどん」です。

なんとなく納得ですね。

そうめんの由来

そうめんは、中国伝来で、日本では室町時代には、「索麺(さうめん)」というもので登場しています。

索とは太い縄という意味があり、そうめんの作り方が、縄をなうようだということから、「索麺(さうめん)」と言われていたようです。


そして、江戸時代になり、さうめんから、だんだんと、そうめんと呼び名が変化し、「素麺(そうめん)」と字も変化したようです。
そうめんを漢字で書くと「素麺」ですが、この素という漢字は、言葉の音から特に意味なくつけられたという説もあります。


しかし、素麺の素という漢字は、「染めていない、そのままの絹」さらに、「手を加えていない」という意味があります。
素麺の素にあてる漢字として、まさにピッタリだと私は思うんですが、あなたはどうですか。

ひやむぎの由来

すでに、「ひやむぎとは」でひやむぎのことは述べましたが、復習のためにもう一度書きますね。

江戸時代には、小麦を水と塩で練り、その生地を折りたたんで、切ったものを「切り麦」と呼んでいました。
そして、この切り麦を冷やして食べるものを「冷麦」とよんでいたんです。

そうめんもひやむぎも、庶民の食べ物として広まったのは、江戸時代になってからなんですね。


江戸時代になると、平和な世の中になり、いろんな庶民の文化が花ひらきました。
そうめんとひやむぎも、平和な世の江戸時代だからこそ、庶民に広まっていったのかもしれませんね。


あ!そういえば、ひやむぎにはピンクや緑色の麺が入っていませんか。

これは、そうめんとひやむぎを区別しやすいように入れているんですよ。

うどんとの違い

JAS規格(日本農林規格)では、麺の太さの違いで、そうめん、ひやむぎ、うどんを区別しています。
しかし、この3種類の麺は本当に、太さの違いだけで区別できるのでしょうか。

手打ちはうどんだけ

うどんには、「手打ちうどん」があるじゃないですか。

手打ちそうめんや手打ちひやむぎはないですよね。

混ぜる、練る以外をすべて手作業でつくる、うどんが手打ちうどんです。

作り方での違い

ひやむぎとうどんは、小麦に水と塩を練って、延ばして切ります。

しかし、そうめんは、小麦に水と塩を練って、それに植物油を塗って、細く引き伸ばします。

もともと、ひやむぎは、切り麦を冷やして食べるものからきています。
切り麦はうどんのようなものですが、江戸時代には切り麦と呼んでいたんですから、うどんとひやむぎは親せきのようなものですね。

まとめ

そうめんとひやむぎって、なにも考えずに食べていましたが、太さの違いや由来の違いがあったんですね。

しかし、今では、機械でつくられるようになり、機械で延ばして切るそうめんもあります。
さらに、植物油を使用しないそうめんもあります。(長崎県の五島列島などにあるんですよ)

食べ物も言葉と同じで、時代とともにいろいろと変化、進化していきます。

ただ、JAS規格(日本農林規格)で定められた麺の太さのみで、そうめん、ひやむぎ、うどんを区別するのも味気ないものです。

そうめん、ひやむぎ、うどんはそれぞれ美味しい日本の食文化です。

機械でつくられる麺も時代の流れです。

ただ、手間ひまかけてつくる、手づくりの麺のすばらしさ、美味しさを、忘れないようにしませんか。

手間ひまかけてつくる、手づくりの麺は、日本の文化です。
一度失うと、二度と取り戻せないかもしれません。

そうめん、ひやむぎ、うどんの麺一本一本に、歴史とたずさわってきた人たちの英知がつまっています。

暑い季節は冷やして、寒い季節は温めて、美味しくいただきませんか。

スポンサーリンク

おすすめ記事