虻蜂取らずの意味と同じ意味のことわざ!反対語と使い方も紹介

スポンサーリンク




虻蜂取らずということわざがあります。


蜂(はち)はけっこう、みんな知っていると思いますが、虻(あぶ)っていう昆虫を知っていますか?


実は、蜂と同じで虻も人を刺すこともあるんですよ!
というより、虻は蜂のように毒針を持っていず、口でかんだりするんです。


想像するだけで痛そうです。


虻蜂取らずで泣いている赤ちゃん

人を口でかむ虻と毒針を持つ蜂を両方取ろうとするなんて、なんて恐ろしい。


実は、このことわざは、蜘蛛(くも)のある行いから生まれたことわざなんです。
そのことも、この文章に書いていますよ。

ということで今回は、この「虻蜂取らず」の意味
そして、同じ意味を持つことわざをみていきましょう。
さらに、反対語と、このことわざの使い方も紹介していきます。


それでは、この人生に役に立つ、ことわざのことをみていきましょう。

スポンサーリンク

虻蜂取らずの意味

このことわざの意味をまずはみていきましょう。

虻蜂取らずの意味

虻蜂取らずとは、虻と蜂の両方を取ろうと(退治しようと)しても、両方とも取ることができないということです。


なので、このことわざの意味は、こうなります。
「2つのものを、同時に取ろうとしても、両方とも取れずに終わってしまう。」
という意味になります。


クレーンゲームで、2つどちらも取れそうだなと思っても、2つ同時には取れませんよね。



まあ、たまに2つ取る、クレーンゲームの名人もいるようですが・・・。


人の頭は、聖徳太子でもない限り、2つのことをいっぺんには考えられません。


欲を出すと、クレーンゲームで2つどころか、ひとつも取れませんよ^^

スポンサーリンク

虻蜂取らずは蜘蛛(くも)が語源?

このことわざは、蜘蛛(くも)の行動から語源がきているんです。


私はこのことわざの語源となった蜘蛛の行動を知った時は「へ~、なるほどね!」と感心しちゃいました。
それでは、語源となった蜘蛛の行動をみていくことにしましょう。

虻蜂取らずの語源

あるときクモの巣に虻がかかっていたんです。
虻を捕まえに行こうとしたクモがふと見ると、なんと蜂もかかっているではありませんか!


おっしゃ!とクモが蜂を捕まえに行こうとすると、虻が逃げようとします。
こりゃいかんと、クモは虻の方に行こうとすると、今度は蜂がにげようとします。


あわてた、クモは蜂の方にいったり、虻の方に入ったりとしちゃったんです。


それで結局は、虻も蜂も逃げて行ってしまい、クモはどちらも捕まえることができませんでした。


こんなちょっとした、コントのようなクモの行動から、このことわざは生まれたんです。


どちらも捕まえることができなっかた、残念そうなクモの表情が目に浮かぶようです。



いや~、人生訓として、わかりやすい語源の物語です。

同じ意味のことわざ

人ってけっこう欲が深いですから。
え?それは、あなただけってですか・・・。


またまた、そんなこと言っちゃって^^


欲を出し過ぎて損をしない戒(いまし)めのためか、このことわざと同じ意味を持つことわざがあります。
それでは、同じ意味を持つことわざをみていくことにしましょう。

同じ意味を持つことわざ

  • 二兎を追う者は一兎をも得ず
  • 一も取らず二もとらず
  • 花も取らず実も取らず
  • 右手に円を画(えが)き左手に方を画(えが)く


どのことわざも、虻蜂取らずとおなじで、2つのものを同時に得ようとしても、どちらも得ることができなくなる。

という意味のことわざです。


なにごとも成功するためには、まずはひとつを成功させてから、その次に進んだ方がよさそうです。


これは、仲間と一度独立して失敗した私には身に染みてよくわかります。


ことわざって、結構、人生訓なんですよね^^

反対語

それでは、この人生訓のことわざの反対語もみていきましょう。

反対語

  • 一石二鳥
  • 一挙両得
  • 一挙両全
  • 一発双貫


どの言葉も、ひとつのことで、2つの利益を得ることを意味する言葉です。



普通はこうはうまくはいかないことが多いんですが、達人になるとできるかもしれませんね。

虻蜂取らずの使い方と例文

このことわざの使い方は、どんなふうに使ったらいいのでしょうか。

使い方

虻蜂取らずは、2つのことを同時に成そうとして、両方とも失敗してしまった。


欲張って、いろんなものをいっぺんに手に入れようとして、結局、ひとつも手に入らなかった。
このような場面に、使うと、ドンピシャリとはまります。


それでは、例文をみてみましょう。

例文

虻蜂取らずを使った例文

  • 副業をしようと、いろんな副業を少しづづ、かじってやっていたが、みんな成功しなかった。
    どれかひとつに、集中してやればよかった。
    まさに虻蜂取らずになってしまった。
  • 株で一儲けしようと、色んな株に手を出したが、虻蜂取らずでうまくいかなかった。
  • 就職に役立ちようにと、いろんな資格の勉強をしたが、ひとつも合格せずに、虻蜂取らずになってしまった。
    ひとつ合格してから、次の資格の勉強をすればよかった。


いや~、この例文を書いていて、わがことのように思えて、反省しちゃいました。



千里の道も一歩よりです。
あなたは、私のような失敗はしないでくださいね。


光陰矢の如しですよ^^

まとめ

虻蜂取らずの意味は、2つのものを、同時に取ろうとしても、両方とも取れずに終わってしまうということです。


同じ意味のことわざには「二兎を追う者は一兎をも得ず」「花も取らず実も取らず」などがあります。


反対の意味を持つ言葉には、一石二鳥、一挙両得などがあります。


2つのことを同時に手に入れることは、絶対にできない。
な~んてことはいいません。


2つのことを同時に成し遂げる人だっていますから。


しかし、普通は、虻蜂取らずのことが多いのも事実です。
もし、あなたが、私は凡人だと思うなら、ひとつひとつ確実に行いましょう。


そのほうが、結果として、時間もお金も無駄になりません。
時は金なりです。


すぎた時間は、どんなことをしても戻りません。


毎日を有意義にすごしましょうね^^

スポンサーリンク

おすすめ記事