仕事でポジティブになる簡単な方法!秘訣は言葉を言い換えるだけ!

スポンサーリンク





仕事でどうしてもポジティブになれない!」

「ふと気がつくと、ネガティブな言葉ばかり使っている!」

「あ~なにか簡単にポジティブになる方法ってないのかな。」

そんなことで悩んでいるあなた!
その気持ちよ~くわかります。


ポジティブになる方法を知ってる男性


仕事をしていてネガティブな言葉や考え方に逃げ込む。
そのほうが無理にポジティブになるより楽なんですよね。

でもねそんなことを続けていると、ネガティブな言葉や考え方になっちゃうのもわかってるんです。

詩音
「ネガティブな言葉や考え方が良くないってのはわかってるの!」

詩音
「でもわかっていても、なかなかポジティブになれないから悩んでるんじゃない!」」

ペンギンくん
「じゃあ、仕事で簡単にポジティブになるとっておきの方法を紹介しようか?」


え?そんな簡単な方法があるなら、あなたも知りたいですか?
おまかせください(*^▽^*)

ということで今回は「仕事でポジティブになる簡単な方法」を紹介します。
それも難しいことではなく「2つの言葉の表現方法を言い換える」だけです。

この簡単な方法を実践し、ポジティブになって仕事を楽しくやっちゃいましょう。
さらに心がポジティブになるとすごいことになるんですよ。

どんなすごいことになるのか。
それはこの記事の中に書いてあります。

ぜひ探してみてくださいね。

ではまいりましょう。

スポンサーリンク

簡単にポジティブになる方法

この世の中仕事で自分の思い通りになることなんてそんなにありません。
だからどうしても言葉や考え方がマイナス方向に行きやすいんです。


『どうすればポジティブになれるのか』という本。
大型書店の本棚には、そんな本ががたくさん並んでいます。


それだけ「ポジティブになりたいけど難しい」と思っている人が多いからなんです。

ポジティブになる方法はたくさんあります。
そのなかでも簡単にすぐにできる方法を紹介しますね。

言葉を言い換える

やりかたは簡単です。
2つの言葉の言い方を別の表現に言い換えるだけです。

詩音
「そんなことでポジティブになれるの?」

もしかしたらあなたもそう思ったかもしれませんね。
でもだいじょうぶです(*^▽^*)

たとえば心理カウンセラーがカウンセリングを行う時。
そんな時にも言葉の言い換えは使われています。


心理カウンセラーの仕事は相談者の悩みを改善することです。
相談者の心を暗闇から助けてあげることです。


同じ内容なんだけど言葉を言い換える。
そうすることで他の人のあなたに対する印象が大きく変わる。
そしてあなたの意識もポジテイブに変えることができる。


さあ!言葉の言い換えやっちゃいませんか?

「否定形」の言葉を「肯定形」に言い換える

まずひとつ目の言い換えの方法です。

それは「否定形」の言葉を使わない。
否定形」の言葉を「肯定形」の言葉に言い換えるということです。

詩音
「そんなこと知ってるもん!」

ペンギンくん
「じゃあ、否定形の言葉を肯定形に言い換えてる?」

詩音
「それは・・・・わかっちゃいるけどつい否定形を・・・」

こんな会話が聞こえてきそうですが、意識していないとどうしてもこうなっちゃいます。
意識して習慣化することが大切なんです。

それではどう「否定形」を「肯定形」の言葉に言い換えるのかをみてみましょう。

「否定形」の言葉 同じ意味の「肯定形」の言葉
締め切りまで3日しかない まだ締め切りまで3日もある
仕事がうまくいかない 上手くいく方法はきっとある
契約が取れない どうすれば契約が取れるのか考えよう
相手に失礼のないようにしないと 相手が笑顔になるようにしよう
私ばかり仕事をやらせられる 重要な仕事は私がやる
この仕事は嫌いではない この仕事好き!


どうせ言葉に出すのならあなたの意識がポジティブになる言葉。

そんな言葉にした方が、他の人の印象も良くなりあなたもプラス意識になっていきます。

「否定形」の言葉を使う人は「ない」という言葉をよく使います。

まずはこの「ない」を使わずに「肯定形」の言葉に頭に中で言い換える。
その言い換えた言葉を口から出すように心がけましょう。

スポンサーリンク

「受身形」の言葉を「能動形」に言い換える

つぎは2つ目の言い換えの方法です。
それは「受身形」の言葉を使わないということです。

受身形」の言葉は聞いている人に良い印象をあたえません。
なので「能動形」を使い言葉にすることです。

同じことを言っても「受身形」と「能動形」では言葉を受けるイメージが違います。

せっかくなら相手に良いイメージを持ってもらいたいですよね。

詩音
「あの~受身形能動形ってなに?」

ペンギンくん
「じゃあ説明するね。」

受身形とは

「受身形」とは動詞の主語がその動詞の動作を受ける側にあるときに使う言葉。

つまり「~される」というように他から働きかけを受ける言葉のことです。


能動形とは

「能動形」とは動詞の主語になる人自身が動作を行う言葉。

つまり「~する」というように自分から働きかけることを表す言葉。


「受身形」と「能動形」の言葉は同じことを言っていても受ける印象が違ってきます。

「能動形」の言葉を使った方が前向きなポジティブな印象になるんです。

詩音
「あの~具体的な例が知りたいんだけど。」

それでは詩音さんのリクエストにお答えしましょう(^◇^)

「受身形」の言葉 同じ意味の「能動形」の言葉
注文が中止になった 注文は白紙に戻った
私は好かれていない 私を好きでない人はいる
上司から仕事の失敗をしかられた 仕事を失敗したので上司に謝った
商談で無理な価格を提案させられた 私から商談がうまくいくような価格を提案した
私ばかり仕事をやらせられる 重要な仕事は私がやる


どうせ同じ結果を言葉にするのなら、自分から「~する」というように言い換えましょう。

そのほうがポジティブな印象になりますから。

ウイリアム・ジェームズのポジティブになる言葉

まずあなたが「否定形」の言葉を「肯定形」の言葉に言い換える。
そして「受身形」の言葉を「能動形」の言葉を使い表現する。


この2つを実践することで、あなたに対するまわりの印象。
そしてあなたの心もポジティブになっていきます。


あなたの心がポジティブに変わるとすごいことがおきるんですよ。


アメリカを代表する心理学者のウイリアム・ジェームズ。
彼の名言で有名な言葉があります。

この名言はあなたの心がポジティブになったらどうなるかを表しています。

ウイリアム・ジェームズの名言

心が変われば行動が変わる

行動が変われば習慣が変わる

習慣が変われば人格が変わる

人格が変われば運命が変わる


「否定形」を「肯定形」に。

そして「受身形」から「能動形」に変える。

心がポジティブに変わる。

心理学者のウイリアム・ジェームズの有名な名言では最後には『運命が変わる』!

この名言は忘れないように紙に書いて貼っておくことをおすすめします。
そうしないとせっかくあなたがポジティブに変わる名言も忘れちゃいますから。

スポンサーリンク

まとめ

  • 「仕事をするうえでポジティブになる方法を知りたい!」
  • 「それも簡単にできる方法を知りたい!」


今回はそんなあなたのために簡単にポジティブになる方法を紹介しました。


ポジティブになる方法

  • 言葉の表現を「否定形」を「肯定形」に変える
  • もうひとつは言葉の表現を「受身形」から「能動形」に変える


この2つを実践するとまわりのあなたへの印象が良くなっていきます。

さらにあなたの心もポジティブへと変わっていきます。


ポジティブになって心も運命も変える営業マン


アメリカの有名な心理学者のウイリアム・ジェームズ。
彼の有名な名言。

『心が変われば行動が変わる』

『行動が変われば習慣が変わる』

『習慣が変われば人格が変わる』

『人格が変われば運命が変わる』


この名言によれば心が変わると最終的に運命が変わっちゃうんです。


言葉の言い方を変えましょう。
そして心をポジティブにして素敵な運命になっちゃいましょう。

さあ!今からスタートしませんか?

スポンサーリンク

おすすめ記事