努めるの意味と使い方!勤める・務める・勉めるとはどう使い分けるの?

スポンサーリンク





新社長
「私が社長になったからには業績のV字回復につとめます!」

新社長のこのあいさつを社内新聞に載せることになりました。
でもひとつ問題が生じてしまったんです。

この画像を見てください。


つとめるの漢字変換

「つとめる」を漢字変換しようとパソコンに打ち込んだ画像です。


4つのつとめるの漢字。
努める」「勉める」「勤める」「務める」が表示されてしまいました。


漢字が違うんだから意味も使い方も違うはずです。


「つとめる」はどの漢字を使うのか悩む


「4つの漢字の謎をどう解けばいいんだ・・・」

部長
「4つの漢字の使い分けぐらい知ってるよね!」

「もちろんです部長!」

「心の声(こりゃあいそいで調べないと・・・)」

あれ?あなたも首をかしげていませんか?

いやいや安心してください。
本当に漢字の同音異義語ってややこしいですよね。


今回は首をかしげているあなたも納得。


まずは努める意味使い方例文で紹介します。
さらに勤める務める勉めるの意味と使い方をみてみましょう。


4つの「つとめる」の使い分けはどうすればいいのか。
そのことも解決していきます。


それではまいりましょう。

スポンサーリンク

努めるの意味と使い方

まずは4つの「つとめる」のひとつ努めるです。

「努める」の意味はこうなります。

努めるの意味

力をつくすこと
つまり「力のかぎりがんばる」ことを意味します


努めるというのは「力のかぎり努力する」ということなんです。

使い方

それでは「努める」の使い方を例文でみてみましょう。

例文

  • お客様ファーストの売り場にするように努める
  • 信用回復にに努める
  • 新しい法律の周知に努めます
  • 業績のV字回復に努めます


あれ?例文の「業績のV字回復に努めます」ってどこかで見たような・・・

そうです!この記事の冒頭のあった新社長のあいさつです。
なるほど!V字回復にがんばるということで「努める」となるんですね。


これで新社長のあいさつを載せる社内新聞の問題は解決です。

「じゃあもう調べなくていいかな^^」

部長
「ほかの3つの『つとめる』のことも知っておくように!」

「もちろんです部長!」

スポンサーリンク

勤めるの意味と使い方

え~っと。
部長命令もあったことですしほかの「つとめる」も調べますね。


まずは「勤める」の意味をみてみましょう。

勤めるの意味

  • 職について働くこと
  • お坊さんが修行にはげむこと


「希望の企業に勤める」「お坊さんが修行に勤める」なんて使います。

普通は「職について働くこと」のほうを「勤める」で使います。

使い方

つぎに勤めるの使い方を例文で紹介します。

例文

  • 定年まで勤めれば退職金がもらえる
  • 新しい会社に勤める
  • お坊さんが朝のお勤めをしている
  • 勤める人が減少している


勤労や仏道にはげむことについて「勤める」を使います。

務めるの意味と使い方

務めるは「勤務」の「務」になります。
職に職について働く「勤める」をどうすれば「勤務」になるのでしょうか。

勤務するからには一生懸命に努力しますよね。
なので「務める」の意味はこうなります。

務めるの意味

  • あたえられた役目を果たす
  • 引き受けた任務を果たす


「部長を務める」「映画の主役を務める」なんて使います。

使い方

つぎは務めるの使い方を例文で紹介します。

例文

  • 結婚式の司会を務める
  • 演劇の大切なわき役を務める
  • 文化祭の出し物をきめるために議長を務める
  • 優勝するためにキャプテンを務める


引き受けたことやあたえられたことは、一生懸命に行う。

それが「務める」なんです。

勉めるの意味と使い方

4つの「つとめる」の最後は「勉める」です。

じつは「勉める」は「努める」の常用外漢字なんです。


公文書や新聞、雑誌などで使う漢字の目安を常用漢字といいます。
その外なんですから、常用漢字にふくまれない漢字を常用外漢字といいます。


なので「勉める」は「努める」と同じ意味の言葉になります。
つまり「力のかぎりがんばる」という意味になります。


それでは「勉める」と「努める」になにか違いはないのでしょうか。

「勉める」と「努める」の違い

こんなときには漢字の意味をみてみるとヒントがあるんです。

勉とは

「勉」というのはどんな意味を持つ漢字なんでしょうか。

じつは「」は「力をだしてがんばる」という意味を持つ漢字なんです。

努とは

つぎに「努」という漢字をみてみましょう。

「怒」は「奴」+「力」でできている漢字です。

「奴」は奴隷を意味します。
なので「奴隷が力いっぱい働く」というのが「」という漢字の成り立ちなんです。

「勉める」と「努める」の違い

「力をだしてがんばる」という意味の「勉」。
そして「奴隷が力いっぱい働く」という成り立ちの「怒」。

「怒」は無理やり働かせられています。
それに対し「勉」は自分の意思で頑張っています。

なので「勉める」はポジティブな意味を持ちます。
そして「努める」はネガティブな意味を持っているんです。

ただしこの違いはあくまで常用漢字である「努める」。
そしてその「努める」の常用外漢字である「勉める」。

この2つの違いを探すために深堀しました。
でも今ではポジティブもネガティブもありません

「努める」も「勉める」も「力のかぎりがんばる」という意味を持っています。

勉めるの使い方

では「努める」の常用外漢字である「勉める」の使い方を例文で紹介します。

例文

  • 新しい仕事に勉めている
  • 営業成績アップに勉めている
  • 市長は市民が幸福になるよう勉めている
  • 勉めて居残り練習をしている


「勉める」は「努める」と同じように使ってください。

ですから無理に「勉める」は使わなくてもいいと思います。

努める・勤める・務める・勉めるの使い分け

いままで4つの「つとめる」を見てきました。
4つの「つとめる」の使い分けはどうすればいいのか。


それは意味の違いで使い分ければいいんです。

4つの「つとめる」の覚え方

ひとつひとつの「つとめる」の意味を覚えるのもいいでしょう。

でもここでは感覚的な覚え方を紹介します。

4つの「つとめる」の覚え方

  • 努める」・・・努力するということで「力の限りがんばる」
  • 勤める」・・・勤務するということで「職に就いて働く」
  • 務める」・・・任務ということで「引き受けた任務を果たす」
  • 勉める」・・・「努める」と同じ。使わなくてもO.K


それぞれイメージして感覚的に覚える。

そうすれば4つの「つとめる」の使い分けがわかりやすくなります。

スポンサーリンク

まとめ

「つとめる」をパソコンで変換しようとすると・・・


つとめるの漢字変換


こんふうに「努める」「勤める」「務める」「勉める」と4つの言葉が出てきます。


「勉める」は「努める」の常用外漢字としての使い方です。
ですから「勉める」と「努める」は同じように使えます。


ということで実質3つの「つとめる」になります。


それぞれの「つとめる」の使い分けは意味の違いで使い分けます。


V字回復に努める社長

3つの「つとめる」

  • 「努める」・・・力のかぎりがんばる
  • 「勤める」・・・職に就いて働く
  • 「務める」・・・あたえられた任務をはたす


ひらがなでは同じ「つとめる」。

でも漢字にすると意味がまったく違ってくるんです。


今回は以上です。


あなたのご参考になりましたら幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

おすすめ記事