暫時の意味と読み方を漸次と混同してない?間違えない覚え方はコレ

スポンサーリンク





会話で普通に使うのに、漢字で書かれると読めない。
あなたはそんなことってありませんか?


今、文字を直接書くことが減ってしまいました。


なので読めそうで読めない。
知らない間に読み方をかん違いしている。
そんな漢字がけっこうあるんです。


そのひとつに「暫時」と「漸次」があります。

「斬」+「日」で「暫」になります。
そして「斬」+さんずいで「漸」になります。


暫時休憩している熊


「斬(き)る」という漢字の音読みは「ザン」です。
そして暫時の「時」も漸次の「次」も音読みは「ジ」と読みます。


しかも訓読みの熟語にすると「暫く」と「漸く」と送り仮名が同じです。
なのでこの2つの熟語は意味も読み方も混同しやすいんです。


あれ?ちょっとこまった顔をしているあなた。
もしかしてあなたも自信がないんですか?


ご安心を!
今回の記事はそんな混同しやすい「暫時」と「漸次」の意味読み方

そして混同しないように簡単な覚え方も紹介します。

ではまいりましょう。

スポンサーリンク

暫時の読み方と意味

まずは読み方をみてみましょう。
読み方がわからないと意味を検索することもできません。

読み方

まずは「暫時」の読み方をみてみましょう。

「暫時」の読み方は「ざんじ」となります。


国会で「暫時休憩(ざんじきゅうけい)いたします」なんて使います。

ちょっと豆知識

「暫く」は「しばらく」と読みます。

意味

「暫時休憩」とはどんな休憩(きゅうけい)なんでしょうか。
それでは「暫時」の意味をみてみましょう。

「暫時」は「しばらくの間」という意味です。


なので「暫時休憩」は「しばらくの間休憩する」となります。

スポンサーリンク

漸次の読み方と意味

それではつぎに「漸次」の読み方。
そして意味をみていくことにしましょう。

読み方

まずは「漸次」の読み方をみてみましょう。

「漸次」の読み方は「ぜんじ」となります。


斬(き)るの音読みの「ザン」から「ザンジ」とかん違いして読まれてしまうんです。

ちょっと豆知識

「漸く」は「ようやく」と読みます。

意味

それでは「漸次」の意味をみてみましょう。

「漸次」は「しだいに」「だんだん」という意味になります。


このまま意味を丸暗記しても忘れてしまうかもしれません。



そのために「暫時」と「漸次」を混同しないためにはどうすればいいのでしょうか。
それはちょっとしたコツがあるんです。

覚え方

間違いやすい熟語の区別のしかた。
さらに意味を簡単に覚える方法があります。


それは漢字の成り立ちから覚えていくんです。

「暫時」の覚え方

「暫」は「斬」+「日」でできています。

「斬」は斧(おの)で車を切るということ。
そして「日」は太陽のことです。


そして太陽=時間となり、「時間を切り取る」という意味になります。
どれくらい時間を切り取るかはみんなの自由です。


なので「暫時」の意味は「しばらく」という曖昧(あいまい)な時間になるんです。


読み方は「暫時休憩(ざんじきゅうけい)いたします」という言葉をひとつ覚えましょう。

「漸次」の覚え方

「漸」は「斬」+「さんずい」でできています。

「斬」は斧(おの)で車を切るということ。
そして「さんずい」は流れる水のことです。


流れる水を切ることはできません。
なので布に流水が「だんだん」としみこみそれを切ると覚えましょう。


「漸次」の意味は「だんだん」です。


読み方は「漸次拡大(ぜんじかくだい)」という熟語ひとつを覚えましょう。
「漸次拡大」は「だんだん拡大していく」ということです。

まとめ

「斬る」という漢字の音読みは「ザン」です。

なので「暫時」と「漸次」の読み方や意味を混同しやすくなります。
とくに「漸次」を「ざんじ」と間違って読んでしまいます。

暫時」は「ざんじ」と読みます。
そして「漸次」は「ぜんじ」と読みます。

「暫時」は「しばらくの間」という意味です。


「漸次」は「しだいに」「だんだん」という意味になります。


2つの熟語を混同しないためにはどうすればいいのか。

それは漢字の成り立ちを見ていけばいいんです。


「暫」は「斬」+「日」=時間を切る。
切り取る時間はそれぞれ自由なので「しばらく」となります。

そして「漸」は「斬」+「さんずい」=流れる水を切る。
水は切れないので布に流水を「だんだん」としみこませて切る。


なので「漸次」は「だんだん」という意味になります。


漢字というのはその漢字ができた成り立ちがあります。
その成り立ちをさぐっていくと漢字の意味が具体的に理解できます。


言葉って奥が深いですね。

今回は以上です。


あなたのご参考になりましたら幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

おすすめ記事