「すべからく」ってどんな意味と言っている赤ちゃん間違いやすい言葉

名言「すべからく努力しておる」は誤用!?正しい意味と使い方を例文で紹介

「はじめの一歩」は作者が「森川ジョージ」さん。出版社は「講談社」の熱血ボクシングの漫画です。この中で「努力した者が全て報われるとは限らん。しかし、成功した者は皆すべからく努力しておる。」という名言があります。でもこれって「すべからく」という言葉を誤用しているんです。今回は「すべからく」の正しい意味、そして使い方を例文で紹介しています。

琴慣用句

「琴線に触れる」の意味を誤用してませんか?正しい言葉の使い方や類語についてもまとめたよ!

「琴線に触れる」という慣用句があります。実は文化庁の平成27年度「国語に関する世論調査」において31.2%の人は意味を誤用していたんです。今回はこの「琴線に触れる」の慣用句の意味とどのように誤用しているのか。そして言葉の使い方を例文で紹介しています。さらに「琴線に触れる」の類語、対義語もみていくことにしましょう。

上から目線のネコ難しい言葉

不遜の読み方と意味とは!類語や四字熟語、そして不遜な態度とはどんな態度?

「不遜」という言葉があります。この言葉の意味を知っておかないと「あなたは不遜な態度ですね」と言われても、ほめられているのかけなされているのかわかりません。今回は「不遜」の読み方と意味。さらに類語と四字熟語。さして「不遜な態度」とはどんな態度のことなのかをみていきましょう。

お疲れ様ですと挨拶する女性間違いやすい言葉

ご苦労様とお疲れ様の違いと正しい使い分けを紹介!目上の人に失礼な使い方をしていませんか?

社会人としてよく使う「ご苦労様」と「お疲れ様」。この2つの言葉はどう違うのか。そして正しい使い分けはどうするのか。さらにあなたがこの2つの言葉を間違って、使い目上の人に失礼な使い方をしていないかをチェックしてみましょう。